ひびいてゆこう

佐々木薫 作品、展覧会、制作こつこつメモなど。『いくぜ,猫姫。』より美術部分独立しました。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

藤沢今昔・まちなかアートめぐり 2014 佐々木薫作品  

藤沢今昔まちなかアートも後半を迎え、18日,19日ようやく晴天に恵まれた。
キラキラとした光の中、自分の展示場所である旧稲元屋呉服店の庭には沢山のかたが訪れてくださり、旧東海道沿いの大通りから一歩中へ入ると、こんなにも静かで自然豊かな空間が存在することに、みなさん感心しきり。
普段は入口の門を閉めているので、踏み荒らされたりすることもなく、お陰で植物や昆虫などの植生がそのまま残っているのかな、珍しい昆虫を時々見かけた。

その庭にある内蔵の渡り廊下前での展示です。
廊下なので幅は広くはないけれど、内蔵の重厚な入口が素晴らしい。
私は今回は廊下にずっと置かれたままになっていたものを使った。
下はいつも隅に置かれていた衝立。豪商だった呉服店があった頃、玄関で来客を迎えるために置かれていたしっかりとした作りのもの。何か絵が描かれていたらしい。
ご主人のおかあ様が大切になさっていた形見のもので、戦後火事になって焼けこげた後も炭化したまま置かれていた。

いつも脇に置かれているこの衝立を、今一度客を迎える主役にしてみたいと思った。
炭化を生かしてドローイングをセットし、大きな穴にはふつふつとした生命の始まりの様なイメージで、
ひしめく物体(風船)をのぞかせて....






これも隅に立てかけてあった障子の桟で、180cm×120cmのすこし幅の広いつくり。
水拭きしたらきれいになり、小窓というか枡席にそれぞれ庭で収集したものを吊してみた。
虫食い葉っぱ、イガグリ、ドングリ、セミの抜け殻、他


P1030898_convert_20141020223802.jpg


P1030570_convert_20141020223853.jpg





今度の土日で終わりです。この空間を沢山のかたに味わっていただきたいなぁ....
スポンサーサイト

category: EXHIBITION

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。